2006年07月31日

偉い

私の親戚に偉いお坊さんがいます。
修行が好きな人で、しょっちゅう山に修行に行っています。

よく、私は最高冠位の紫の袈裟だ、NHKで流れるお経の声は私だ、清水寺の館長は後輩だなどと言っています。
良くは分からないんですが、相当偉いらしいです。
確かに、修行の経験は多いし、お経もうまいです。
話もなるほどなぁと思う事もあります。

でもね。だからと言って人望があるわけじゃないんです。
身分が偉くなると、似非プライドが高くなってしまうんでしょうか。
祖母の葬式の時も、包むお金の事など色々言われました。
「そんじょそこらの坊主と一緒にするな!」とか。

私が思うに、偉いというのは自分で決める事では無いと思います。
それは他人が見て感じるもの。


自分で偉いなどと思うのは、驕りなのではないかと。

自分の頑張りをそのままとらえ、評価するのは必要です。
よしよし、頑張ってるじゃん、自分手(グー)っていうのは大いにやれやれ!ですがね。
ただ、人と比べて偉い(上だ)と思うのは、視野を狭めてしまう気がします。


では、偉いと認識する事は悪か。
偉いから頑張らなくては、と思う事もありますよね。
でもそれってプレッシャーになりません?

偉い事が悪い事ではけして無い。
むしろ偉い事は偉い!それだけの努力をしてきた事だけは確かだから。←当り前か?

結局大事なのは、現実をきちんと見て評価し次に繋げていく事。
過大な評価も、過小な評価もせず。
これが1番難しいんですがね。

辛い事が次々と降りかかってくる毎日、子供の頃から何度も呪文のように唱えた言葉。

「これは現実だ、受け止めよう。」
で、これからどうする?

言い訳や誰かのせいに、逃げをする前に、必ず1度受け止める。
そこには何か学ぶべき意味があると思うから。
次に繋がるヒントが隠されていると思うから。

実感として、これは結構良いと思う。
打たれ弱い私が、脆くならず生きてこれたのは、この言葉のおかげかもしれない。

大丈夫という希望の言葉が自分の中から出てくれば、頑張れる。
そんな気がする。



posted by あり at 09:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

お久しぶりです。
ここ最近体の調子がイマイチでした。
生まれつき眼球が歪んでいたり、首の骨が曲がっていたりするので仕方ないんですがねぇ。

自分の体からはどうやっても逃げられない。
これって実はすんごいメッセージが隠れてる?
分かるような、違うような。。
まだこれといったものは見つかりませんが、もう少し探ってみようと思っています。

心と体は別。

そんなこたない!と、私は思います。
容姿については、また色々考えているので、今度と言う事にしますが。

体が病むと、心も引っ張られる。
心が病むと、体も侵食される。


どちらもないがしろには出来ないんですよね。
健全でいられる事って、めちゃめちゃありがたい。


では、健全ではないと言う事は、不幸なのか?

体が悪いと心も絶対悪くなるのか?

いやいや、これまたそうでもないぞ。

強い心・強い体。

鍛えるという手段。

心の限界はある?

体の限界はある。


どちらにしろ、試練の1つの形式にしかすぎない?

今日はそんな事を色々考えています。

まだ頭の中色んな検証でグルグルなので、また少し見えてきたら、書きますね。

posted by あり at 20:44| ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

宗教

今日は新盆でお坊さんがいらっしゃったので、少し宗教についての私の考えを書きたいと思います。

私はとりあえず、無宗教です。
クロスのペンダントもしますし、仏壇も置いてますがね。
仏教の行事はきちんとしますし、祈りもします。
シーサーも置いてますし、風水も気にします。

ただ、何教だとか、何を信仰とかはしていません。
なんでも良いんです。
どうでも良いでは無いですよ。
どんな宗教でも、良いと思うところは取り入れる。
もしかしたら、多宗教?

私にとって、宗教は「道徳」という位置付けなんで。
色々な国や環境によって、色々な道徳の教科書が出来、それを教えてくれる先生がいる。
そんな感じでしょうか?

本当の宗教。似非じゃない宗教というものは、結局言いたい事は同じなんじゃないでしょうか?
だからあえて、どの宗教こそ大事とは言いたくないんですよね。
何が正しいのかも、自分なりの都合でどうにも言えたりしますしね。

大事なのは、本当に言いたい事は何か。
どう生かすかだと思います。

私の親戚にお坊さんがいるのですが(相当偉いらしい)そこで感じた事は、また次回にでも。


posted by あり at 23:24| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

放置するとゐふ事

ここのところ、叔母の家の引越しを手伝っていて思った事です。
この数日間、数々の先送りや放置と出会いました。

先送りはプチ放置から。例えば色々な手続きや問い合わせや、梱包など。
まぁそれらのプチで済んだものは、いつかやらねばならない事度が高いものです。

凄かったのは、ゴミとホコリなど。
こんなにもか!!!と、叫びましたよマジで(汗)
分別が激しく大変でした。
20年以上同じ所に住んでいたので、ある程度は仕方ないと思うんですがね。

放置するというと、イメージはそのままの状態だったりしませんか?

でも、違うんですよね。時間は確実に過ぎていくのだから。

積もるんです。溜まるんです。濁るんです。変わるんです。
長ければ長いほど。

めんどくさいとか、多分大丈夫とか、そのうちとか、曖昧にしとこうとか。
そんな言葉が過ぎったら、
放置するなら覚悟しろ!
と叫ぼう。

出来ればやっとけ〜。いまやっとけ〜と自分に囁こう。

これって物だけじゃなく、人間関係や心もそうだと思うんですがね。
小さな事の積み重ねの凄さに、敬服します。

そんな私は、囁かれまくっているのになかなか出来ませんがね(汗)
でも、溜まっていくんだと言う事だけは忘れずにいます。
溜まったらやべーー!とすんごい勢いでやるので、何とかなってるんで。
溜まる前にやろうや自分・・です。
posted by あり at 22:36| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 放置するとゐふ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

2律背反のジレンマ(タイトル)

まずは、なぜこのタイトルにしたのかをお話したいと思います。

知っている人は知っていると思うでしょうが、私、及川光博ファンでありますぴかぴか(新しい)
今まで生きてきて、あそこまで自分と同じ思考回路の人は初めてでした。
知れば知るほど。
というか、何で私の考えてる事知ってるの?と思った。
パクリ疑惑。。
見た目は、30代になってから激しく素敵に思えてきて、今は超はまってます。
中身を伴うと感じないと、魅力を感じないんですよね。

ま、その話は熱く長くなるので、おいおい。

で、2律背反をテーマに彼がマークを作っていまして。
何だか懐かしい感じがして、惹かれたんです。
元々私は2重人格か?というほど、自分の中に2つの自分を感じていたので。
しかも全くマ逆の性格。

いつも2つの意見の折り合いがつかず、どうすりゃいいのよ!と思う事もしばしば。
あっち立てれば、こっちが立たず、どっちの意見もわからんではない。
人生でうまくいかないときは、必ずジレンマを抱えている。

だから、私の人生のテーマは、2つの私の融合なんじゃないかと思ったんです。
どっちが私なの?じゃなくて。
そんなこんなで、このブログのタイトルを決めました。

こんな私のブログですが、よろしくお付き合い下さると幸です。
posted by あり at 00:23| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。